namikoブログ

【関東】おいしいもの【初心者】株をはじめよう 時々、日常などのアレコレ雑記ブログ

沼津港深海水族館が面白い!

こんにちは!水族館でゆらゆら泳ぐクラゲを見て癒されたい主婦namikoです。

沼津港深海水族館とは

その名の通り、日本一深い沼津港(駿河湾)の深海をテーマにした水族館。世界で唯一のシーラカンスの冷凍標本も展示されています!深海生物は、捕獲や飼育が難しく、その生態もまだまだ謎だらけ。そんな水族館に行ってきたよー

深海の生物たち

f:id:namiko-12:20181211130750j:plain

ヘコアユ 生息水深5m-20m

頭を下にして、逆立ちで暮らしている変わり者のお魚。頭に血が上らないのか不思議でたまらない。薄くて細長い体はサンゴの隙間に隠れるのに役立っているそうです。

 

f:id:namiko-12:20181211130618j:plain

ペインティッドフロッグフィッシュ(イロカエルアンコウ) 生息水深5m-75m

名前の通り、アンコウなのかカエルなのか分かりにくい顔面の魚!足のようなヒレを使って海底を歩くように移動しているそうです。なにコレ、よく見るとなんだか可愛く見えてくるから不思議ー

 

f:id:namiko-12:20181211130732j:plain

ボウズカジカ 生息水深100m-500m

福島~高知沖の深海に生息。体全体がゼリー状の皮膚に覆われて、海底でジーっとしていることが多いそうです。ボーっとした顔をしていますが、しっかりとカメラ目線を頂きました。

 

f:id:namiko-12:20181211130629j:plain

ダーリアイソギンチャク 生息水深300m-1000m

ダリアの花のように見えることから名付けられました。体が非常に柔らかいため飼育が難しいイソギンチャク。丸くなり転がりながら移動するそうです。えー!転がってるところが見たい!!って見てましたが、残念ながらこの時は転がる気分ではなかったみたい。

 

f:id:namiko-12:20181211130640j:plain

オウムガイ 生息水深100m-600m 

タコやイカに近い仲間だけどスミは持っていない。かたい殻は身を護るのに役立ちますが、水深800mを超えると水圧に耐えられず割れてしまう。約4億年前から姿を変えずに生きているため「生きる化石」といわれているそう。私はアンモナイトだとずっと勘違いしてました…

 

f:id:namiko-12:20181211130745j:plain

シーラカンス 生息水深40m-600m 

沼津港深海水族館の主役

生きた化石「シーラカンス」

特技は「逆立ち」だそうで海底をうごめく動物や魚、イカを食べて3億5000万年前と変わらぬ姿で海を泳いでいるそうだ。世界でも類を見ない希少な冷凍個体が展示されているのでここに来た際は必見です!可愛くはないけど、迫力があります。

 

f:id:namiko-12:20181211164436j:plain

メンダコ 生息水深200m-1000m

そして、今回私がなぜ沼津港深海水族館に行こうと思ったのかというと、この水族館の「アイドル」メンダコにお会いしたかったから!!かわいいーー!うさ耳姿が本当に愛らしい!!が、残念過ぎる事に私が行った時は展示されておらず…悲し過ぎる…

後で、知ったのですがホームページのインフォメーションにメンダコ情報として現在の展示状況が確認できるようなので水族館の「アイドル」メンダコに会いに行く際はぜひ確認してから行く事をおススメします。

今回はメンダコちゃんと会う事が出来ず、悲し過ぎる結果となりましたが、深海の生物たちを見てずいぶん心が癒されました。次回は「アイドル」メンダコにぜひお会いしたいです!

 

アクセス

通常営業時間:10:00~18:00

(入館は閉館30分前)

休館日:年中無休

(2019年はメンテナンスで1/15~1/18休業)

入場料:大人(高校生以上)¥1,600

    子供(小・中学生)¥800

    幼児(4才以上)¥400

住所:〒410‐0845

   静岡県沼津市千本港町83番地

電話:055‐954‐0606

 

最後に

f:id:namiko-12:20181211174407j:plain

メンダコのストラップ買っちゃいました!コレ、知らない人が見たらタコには見えないだろうな(笑)でもタコです!

世界に一つだけの深海水族館

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝!by namiko