namikoブログ

【関東】おいしいもの【初心者】株をはじめよう 時々、日常などのアレコレ雑記ブログ

【ふるさと納税】ワンストップ特例申請をするのにマイナンバーカードを紛失した!!

こんにちは!NAMIKOです。

今回は、題名の通りワンストップ特例制度を申請しようとしたら、マイナンバーカードを紛失してしまった時の対応です。

ワンストップ特例制度とは

確定申告や住民税の申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除が受けられる制度のこと。次の2つに該当する方は、ワンストップ特例制度を受けることができます。

  • 確定申告をする必要のない方
  • 1月1日~12月31日の1年間で寄付先が5自治体以下の方

※6つ以上ふるさと納税をした場合は確定申告が必要です
※1か所の自治体に複数回寄付しても、1自治体となります

 

楽天ふるさと納税でワンストップ特例制度をしてみたいというかたは合わせてこちらもどうぞ↓↓

namiko-12.hatenablog.com

ワンストップ特例申請書の記入

【自治体から送られてくるワンストップ特例申請書の例】

f:id:namiko-12:20190108162030p:plain

 自治体によって記載は違いますが、記入することは全部一緒です。

  • 日付の記入
  • 個人番号(マイナンバー)の記入
  • 2か所にチェックマークを記入
  • 印を押す
  • 訂正箇所がないかチェック

これだけでOK!記入は3か所のみで印鑑を押して間違えてるところがないか確認するだけです。だいぶ簡単ですよ~

添付書類で必要なもの

添付書類は何点かの組み合わせも可能ですがマイナンバーカード(裏表の写し)だと1点のみの添付となり、非常に楽ちん!

しかし、今回の題名にもあった通り、主人がカードを紛失してしまい家中を探しましたが出てこず…

年末駆け込みでふるさと納税をしたため、申請書が届いたのは年明けです。

で、申請書の期限は1月10日に自治体に必着である!!

マイナンバーカード以外の添付書類を慌てて確認しました。

添付書類には、次の1~3のいずれかの書類の写しが必要になります。

 1

マイナンバーカード(表面)

       

マイナンバーカード(裏面)

 

2

どちらか1点

マイナンバー通知カード

または

住民票(個人番号付き)

        

【 顔写真入り身分証明書】どちらか1点

運転免許証

または

パスポート

        

 

どちらか1点

マイナンバー通知カード

または

住民票(個人番号付き)

                           

いずれかの2点

健康保険証

年金手帳

公的書類

 

私と同じく「マイナンバーカード」もしくはイナンバー通知カード」を紛失してしまったという方は (ほぼ、いないとは思いますが)住民票(個人番号付き)写しをお近くの役場でもらって来て下さい(収入印紙 1通¥300かかります)

 

今回は、マイナンバーカードを紛失してしまったということで、住民票(個人番号付き)写しを取りにいったついでに、再交付の手続きも一緒に済ませてきました。住民票・マイナンバーカードの交付申請書のどちらも配偶者であれば本人が行かなくても大丈夫です。

自治体にワンストップ特例申請書を返信 

ワンストップ特例申請書の記入と本人確認添付書類がそろえば、あとは寄付をした自治体に返送するのみです!

「マイナンバーカードが手元にあればもっと簡単だったのになー」と主人に嫌味を言いながら無事済ますことができました。確定申告をする必要のない方で、まだワンストップ特例制度を利用していない方はぜひやってみてくださいねーーー

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝!by NAMIKO