namikoブログ

【関東】おいしいもの【初心者】株をはじめよう 時々、日常などのアレコレ雑記ブログ

【初心者】一般口座・特定口座・NISA口座の違いとは

こんにちは!NAMIKOです。

今回は、一般口座・特定口座・NISA口座の違いについてまとめてみました。

f:id:namiko-12:20190107170506p:plain

一般口座・特定口座・NISA口座の違い

 一般口座とは

全ての人が保有している口座のことです。

税金の計算、確定申告、納税を自身でする必要があります

 

 特定口座とは

証券会社や銀行が年間取引報告書を作成してくれます。

【源泉徴収なしの場合】

年間20万円以上の利益が出た場合

確定申告、納税を自身でする必要があります。

 

【源泉徴収ありの場合】

売却益が出た場合、証券会社や銀行が代行して確定申告、納税をしてくれます。

確定申告、納税を自身でする必要がありません。

 

NISA口座とは

「少額投資非課税制度」が適用される口座です。

1年間120万円まで上限として配当金・売却益が最大5年間非課税対象となっています。

原則、確定申告をする必要はありません。

 

一般口座はほぼ利用することはないので、特定口座・NISA口座を開設しましょう。

 

NISA口座(少額投資非課税制度)とは

配当を受け取っても売却で利益が出ても非課税だということです。

1年間の投資金額が120万円までの上限があり、その利益に対する税金が0円になります。

非課税枠は最大で600万円。1枠につき非課税有効期限は最長5年。その後は一般・特定口座に移行するか、NISA口座に入れたまま6年目以降最長5年間延長することも出来ます。

1年間に120万円の枠を使いきれなかった場合、翌年に繰り越すことは出来ません。

例えば)

2019年からNISAをスタートし、1年間で100万円までの枠を使用した場合

  • 使いきれなかった20万円の枠は消滅して2020年に繰り越すことは出来ません
  • 2020年からまた新たな1枠120万円まで使うことが出来ます

枠の再利用は出来ません

例えば)

2019年からNISAをスタートし、1年間の最大枠120万円を使い切り、30万円を売却

  • その年の枠は使い切ってしまったので、注文することは出来ません
  • 2020年からまた新たな1枠120万円まで使うことが出来ます

1人1口座のみ

例えば) 

A証券でNISA口座を開設したら、B証券でNISA口座を開設することは出来ません。

  • 重複してNISA口座を開設することは出来ません
  • 夫婦の場合は主人名義の口座と妻名義の口座で2枠作ることは可能です  

その他注意点

  • 日本在住の満20歳以上で、申し込みの際、住民票の提出が求められます
  • NISA口座は、別の銀行や証券会社の口座に1年に1度だけ口座変更を行うことが出来ます
  • 損益通算が出来ません

※損益通算とは損益と利益を合算し、納税額を調整すること 

 

NISAの最大のメリットは

配当を受け取っても売却で利益が出ても非課税だということです。

今まで、投資をしたことがない方もこの魅力でちょっとやってみようかなって思った人も多いのではないでしょうか?

私もそのうちの一人です。

皆さんも、自分の投資スタイルをしっかり考えた上で、非課税制度を賢く利用しましょう。

次回は、NISAのデメリットについてもご紹介します。 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝!by NAMIKO  

株の関連記事はこちらからどうぞ