namikoブログ

【関東】おいしいもの【初心者】株をはじめよう 時々、日常などのアレコレ雑記ブログ

【横浜中華街】横浜大飯店で食べ放題

こんにちは!NAMIKOです。

【横浜中華街】で食べ放題といえば横浜大飯店

f:id:namiko-12:20190115192809p:plain

横浜中華街にあるいつも予約でいっぱいの「横浜大飯店」

中華街大通り入口の角に建つ老舗レストラン。

店内はB1から3Fまで4フロアに分かれていて、レトロクラシックな内装。

料理は中国四大料理「広東」「上海」「四川」「北京」のメニュー100種類から食べ放題が楽しめます。

テーブルに着くと食べ放題なのか、コース料理なのかを選択。

お水はセルフなので自分で取りに行きますが、ウーロン茶やジャスミン茶、お水から選ぶことが可能。

メニュー

f:id:namiko-12:20190118140204p:plain

f:id:namiko-12:20190118140221p:plain

f:id:namiko-12:20190118140242p:plain

メニューの一部ですが、一つ一つにカラー写真がついているのでどんなものか一目で分かるようになっています。

辛いものが苦手な方も、辛さのレベルが唐辛子マークで一目で分かるので安心して注文できますよ。

 

食べ放題

f:id:namiko-12:20190118095928p:plain

食べ放題はオーダー式バイキングなので、店員さんに注文してからできたてのお料理がテーブルまで運ばれてきます。

注文する際は、メニューに書いてある番号を言います。

上の「エビチリ」なら番号は59番なので「59番一つ」と注文します。

 

f:id:namiko-12:20190118104429p:plain

「北京ダック」は横浜大飯店で人気ナンバーワンのメニュー。

一皿に2つの量なので3皿頼むと、6つまとめて北京ダックが運ばれてきます。

一つのお皿にまとめてくれるので一気に頼んでもテーブルがいっぱいにならないのが助かります。

我が家では必ず1人3皿食べるほど、ここの北京ダックが大好きです!!

皮に甘じょっぱいみそをぬって、北京ダック、ネギ、きゅうりを一緒に巻いて頂きます。

濃厚なアヒルの皮からジュワァーーーっとうまみが口の中いっぱいに広がります。

これが食べ放題だなんて幸せすぎる!!

 

f:id:namiko-12:20190118110655p:plain

「小籠包」は食べ放題と思えないほどのクオリティで、中のスープの出汁がしっかり味わえます。

レンゲに小籠包をちょんと乗せて、お箸で薄皮を割きスープを楽しむ。

そのあと、刻みショウガを少し乗せてジューシーなお肉を堪能します。

 

f:id:namiko-12:20190118111556p:plain

天心の中でも人気の高い「エビ蒸し餃子」

皮はプルプルの半透明でエビの色が透けて見えるので、うっすらとピンク色をしています。

皮のもちもち食感とエビのうまさが十分に楽しめる贅沢な一品です。

1皿2個入りなので他の点心も楽しめる量となっています。

 

f:id:namiko-12:20190118112604p:plain

こちらは今回新メニューで新しく加わった「ぷりぷりエビすり身の巻揚げ」

エビのすり身を網状のライスペーパーで包んで揚げたもの。

食感がパリッとしていて、エビのうまみがたっぷり味わえる一品。

少し甘めのマヨネーズをつけて食べると、食感が楽しいエビマヨを食べている感じです。

揚げてあるのに脂っこくなくペロッと食べられました。

 

f:id:namiko-12:20190118114009p:plain

エビマヨ好きにはたまらない、このマヨのテリテリ感とエビのぷりぷり感。

濃厚なマヨソースがエビを包み込んで何とも言えないうまさが味わえます。

甘めのマヨがエビとものすごく合う!!

パプリカや水菜のサラダと一緒なので、そこまでしつこくなく食べることが出来ますよー

 

f:id:namiko-12:20190118115155p:plain

ここまでくると、エビだらけでどんだけエビ食うんだよ(笑)

って思われるかもしれませんが、エビ好きにはたまらない一品。

この「ゆでエビ」はシンプルに茹でただけのえびなんですが、特製の辛めのタレにつけて食べるとマジでうまい!!

若干剥くのがめんどくさいのだが、それでもパクパク食べられちゃうから私にとっては箸休めの意味もあります。

キレイに剥くと、頭にある濃厚なみそと一緒に食べられるのでより楽しむことができますよ。

 

f:id:namiko-12:20190118120935p:plain

もちろんご飯や麺系もたくさんあります。

上海やきそばやチャーシュー麵、担々麺に貝柱のおかゆ、あんかけ炒飯など。

今回は「エビ炒飯」を注文。

パラパラな炒飯であっさりめの味付けが食欲をそそります。

小皿がテーブルにセットされているので、シェアすることも可能。

一皿がそこまで多い量ではないので、いろんな種類が食べられるのが食べ放題の魅力です。

 

他にもメニューがたくさんあります↓↓

www.yokohamadaihanten.com

 

デザート

f:id:namiko-12:20190118125239p:plain

出典:食べ放題メニュー|中華街・横浜大飯店

デザートも10種類以上あり、横浜大飯店でしか食べられないものを楽しむことができます。

「杏仁ソフトクリーム」や暖かいデザート以外は自分で冷蔵庫まで取りに行くスタイル。

一つ一つが手のひらより小さいサイズなので、何個でも食べられちゃいます。

食後のお口直しや、食間の箸休めなどで楽しんでください。

ただ、ものによっては脳天を突き抜けるほどの甘いものもあります(笑)

私個人は甘すぎるものが苦手なので、さっぱりが好きな方は「グレープフルーツゼリー」「杏仁豆腐」「愛玉ゼリー」などをお勧めします。

 

中国茶無料サービス

 

食べ放題では、暖かい中国茶がポットで無料サービスされます。

  • 烏龍茶
  • プーアール茶
  • ジャスミンティー
  • 桂花茶
  • ライチ紅茶

の中から好きなお茶を注文することが可能です。

 

食べ放題料金

(現在:2019年1月時点)

大人

3,480円(税込3,750円)

子ども(10から12歳)

1,980円(税込2,130円)

子ども(7から9歳)

1,480円(税込1,590円)

子ども(4から6歳)

880円(税込950円)

幼児(3歳以下)

無料

 

時間制限はないので思う存分食べ放題を楽しむことが出来ます。

 

横浜大飯店の利用

f:id:namiko-12:20190118142141p:plain

利用する際は、予約することをおすすめします。

特に土日祝日はたくさんの観光客で待ち時間が長くなる、もしくは予約の人がいっぱいで利用することが出来ない場合もあります。

お店はエレベーターが完備されているので、足の不自由な方でも利用できます。

 

アクセス・営業時間

住所   :〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町154
TEL : 045-641-0001

 

レストラン:11:00~21:30 年中無休  

(入店20:10まで/ラストオーダー20:50)


ショップ :10:00~21:30 年中無休

 

【電車の場合】

JR京浜東北線(根岸線)「石川町駅」中華街出口より徒歩約6分
みなとみらい線「元町・中華街駅」2番出口より徒歩約10分

【お車の場合】

首都高速 横羽線 横浜公園出口よりすぐ
提携駐車場(NTTル・パルク、パーク340、中華街パーキング)

駐車料金が1時間無料になります(バスは除く)
  

f:id:namiko-12:20190118140107p:plain

 

まとめ

f:id:namiko-12:20190118142011p:plain

個人的には、横浜中華街の食べ放題の中でダントツで1位の「横浜大飯店」

他のお店もいろいろと試してみましたが、クオリティが高く、接客もよく、ハズレのメニューが少ないことでオススメできるお店となっています。

ただ、私個人の意見ですが「横浜大飯店」のあんかけが好みではありません…

中華特有の味付けなのか、甘さがくどく感じてしまいます。

好みは人それぞれですので、あくまで個人的な意見です。

あんかけ以外はほぼ「ハズレ」がないのでぜひ「横浜大飯店」で食べ放題を楽しんでみて下さいね。

「横浜大飯店」のHPはこちらから↓↓

www.yokohamadaihanten.com

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝!by NAMIKO