namikoブログ

【関東】おいしいもの【初心者】株をはじめよう 時々、日常などのアレコレ雑記ブログ

【初心者】実際に株を買ってみる

こんにちは!NAMIKOです。

今回は、実際に株の買い注文を出す流れを紹介します。

f:id:namiko-12:20190122005808p:plain

自分が買いたい株が決まったら、いよいよ買い注文を出します。

株の注文はパソコンやスマートフォンから簡単に行うことが出来ます。

銘柄で検索、もしくは証券コードを入力して注文画面を表示させます。

自分の気になる銘柄があればお気に入りに登録しておくと、楽に注文することが出来ますよ!

株が取引きされる時間帯

f:id:namiko-12:20190122123237p:plain

株式市場で株取引が行われる時間帯は

  9:00~11:30 の前場(ぜんば)

12:30~15:00 の後場(ごば)

合計5時間です。

前場と後場の市場が開くときを「寄り付き」

前場が終わるときを「前引け」

後場が終わるときを「大引け」

と言います。

ただし、ネットからの注文は24時間売り買いすることが可能です。

 

株数を決める

自分の欲しい株数を決めます。

あらかじめ、買う予算を決めておきましょう。

f:id:namiko-12:20190122132321p:plain

例えば) 上の図のように楽天の株が830円の場合

【10万円の予算なら】

830円×100株=83,000円なので

100株買うことが出来ます

【20万円の予算なら】

830円×200株=166,000円なので

200株買うことが出来ます

(ここでは手数料を含めていません)

 

株の売買単位の単元株数 

単元株数とは

最低売買の単位のことで、株取引は単位で売買するのが基本です

f:id:namiko-12:20190122132349p:plain

例えば) 上の図のように1単元が100株の場合

100株・200株・300株と

「100株単位」での売買となります。

自分の買いたい予算によって何株買いたいのか決めたら、注文画面の数量を記入する欄に数を入力します。

100株買うなら→数量「100」と入力しましょう。 

 

成り行き注文と指値注文

注文する方法は「成り行き注文」「指値注文」の2種類あります。

【成り行き注文とは】

板情報を見て、値段を相場の成り行きに任せる注文方法です。

メリットは
  • 売り手がいればすぐに取引が成立します
  • 注文方法が簡単です
デメリットは
  • 成り行きなので自分で値段を指定出来ません
  • 板がスカスカだと値段の幅が大きいため、思わぬ高値で取引が成立することもあります

【指値注文とは】

買いたいと思う株の値段を自分で決める方法です。

メリットは
  • 買いたい株の値段を自分で決められます
  • 予測して安く買える可能性があります
デメリットは
  • 取引が成立するまで時間がかかる場合が多いです
  • 自分の指定した値段で売りたい人がいなければ取引が成立しません

 

呼び値の単位

呼び値とは

注文するときの1株あたりの売買の値段です。

株の注文はその銘柄の値段によって呼び値の単位が決められています。 

f:id:namiko-12:20190122210355p:plain

上の図のように、3,000円以下の売買は1円刻みなので1,381円などの1円単位で値段がつけられます。

5,000円以下なら5円単位、30,000円以下なら10円単位での注文になります。

 

値幅制限

値幅制限とは

株価の値動きの制限のことです。

高騰や暴落を防ぐために1日に変動出来る値幅の制限が決められています。

f:id:namiko-12:20190122213558p:plain

制限させる値幅は株価によって異なります。

上の図のように、100円未満は上下に30円ずつ、500円未満は上下に80円ずつの値幅制限となっています。

例えば) 株価が800円の場合、上下に150円なので株価の値幅は650円~950円の間で動きます。

 

また、上限いっぱいに株が買われたときをストップ高

反対に売られたときをストップ安と言います。

3営業日連続でストップ高、ストップ安が続くと、翌営業日から値幅制限が2倍に拡大されます。

株を買うときのまとめ

株の買い注文をする際は

①どこの株を

②何株

③成り行き注文か指値注文で

買うかを決めます。

 

初心者の場合は「成り行き注文」で買う方が簡単で、当日に取引が成立するのでオススメです。

私の場合、慣れないうちから「指値注文」で取引をした結果、2日連続で成立することが出来ませんでした(笑)

「成り行き注文」も「指値注文」も実際にやってみないと、使い勝手は分かりません。

株取引に慣れたら「指値注文」でも取引をしてみましょう!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

感謝!by NAMIKO  

株の関連記事はこちらからどうぞ

【初心者】株をはじめるためにまず証券口座を開設しよう

【初心者】株主優待や配当金とは

【初心者】一般口座・特定口座・NISA口座の違いとは

【初心者】NISAのデメリットって何?

【初心者】株を買うときの選び方と買う目的を決める

【初心者】株の板情報の見方と注意点